焼き鯖とインゲンの胡麻和え

今日の夕ごはん
 # 焼き鯖
 # いんげんの胡麻和え
 # 冷奴
 # 白菜のお味噌汁

先日行ってきた韓国スーパーで見つけた冷凍の塩鯖。
半身で2ドル弱だったので買ってみました。
こんがり焼いて、あっさりと、レモンで。

c0102975_1461579.jpg


魚を見て思い出すのは、
"ウミはミから、カワはカワから" という言葉。

「海(うみ)の魚は身の(み)ほうから、川(かわ)魚は皮(皮)の方から焼くといい」
という意味だそうですが、一般的な言い回しなのかな。

昔、母から教わって以来、
魚を焼く時には、この言葉がそれはもう呪文のように頭の中を行ったりきたりします。

c0102975_147452.jpg


副菜には、いんげん(グリーンビーンズ)の胡麻和え。
胡麻は、グリーンオニオン、生姜と並んで、なくなったら困るものの一つ。
先日、お気に入りのお店のものを実家からたくさん送ってもらったので、
安心して、たっぷり使えるようになりました。

<いんげんの胡麻和えの作り方>
 *材料(3~4人分)*
   ・ いんげん(グリーンビーンズ)  ふたつかみくらい
   ・ すりごま(白)    大3
   ・ 砂糖、醤油    各大1

  1.インゲンは、塩を入れたお湯で茹で、冷水にとってから水気をとっておく。
  2.ごま、砂糖、醤油を大きめの器に入れて合わせる。
  3.2に、1を入れて和える。

      * 2の段階で味見をして、
         砂糖、醤油の量を加減してください。




♪ Please Click HERE ♪
このブログは、レシピブログに参加しています。
[PR]
by SammysKitchen | 2007-04-02 22:30 | 夕食


<< 肉団子の中華スープ煮 キムチチャーハンと焼き餃子 >>